アクセスカウンタ
プロフィール
よかっぺ
よかっぺ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人

にほんブログ村「つくば情報ブログランキング」>>>>つくば情報ブログランキング

人気ブログランキング「つくば市ブログランキング」>>>>つくば市ブログランキング

2017年08月31日

「新都市中央通り」行き止まりから先はどうなっている?

昨日(8/30)のブログで、新都市中央通りの行き止まり、面野井台交差点の一角
で森が伐り開かれたことを取り上げましたが・・・

行き止まりから先がどうなっているか、気になり行ってみることにしました!

行き止まり(面野井台交差点)から先250m程の所まで道路が形作られ、後は舗装
工事をするだけと言ったところですが・・・
250m先、面野井集落の細い道で工事が途切れていました。

これは、前回見に行った時(5/1のブログ)とあまり変化が無くて、
その先はまだ、雑草に被われた空地になっているのですが・・・

それでも、新たに看板が立てられ、工事が始まりそうな予感です!

その看板は・・・

「労災保険関係成立票」で、工事の期間が平成29年7月7日から平成30年7月6日
となっていました。。。
とはいえ、他の道路工事の現場を振り返ってみると・・・
工事期間の延長は常で・・・
ここも推測するに、万博記念公園駅まで繋がるのは、まだまだ先のようです。。。

■研究学園から新都市中央通りを西に行くと行き止まり(2017年8月26日撮影)


■行き止まりから先250m程の所、面野井集落内の細い道(2017年8月26日撮影)


■面野井集落の細い道から研究学園(イエローハット)側を見る(2017年8月26日撮影)


■面野井集落の細い道から万博記念公園側を見る(2017年8月26日撮影)


■看板が立っている(2017年8月26日撮影)


■労災保険関係成立票の工事期間は平成30年7月6日までとなっている(2017年8月26日撮影)

  

Posted by よかっぺ at 00:10Comments(0)研究学園の発展・変化