アクセスカウンタ
プロフィール
よかっぺ
よかっぺ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

にほんブログ村「つくば情報ブログランキング」>>>>つくば情報ブログランキング

人気ブログランキング「つくば市ブログランキング」>>>>つくば市ブログランキング

2018年07月05日

つくばのブルーベリーは今が旬!紫に混じって、ピンクや白も!

つくばのブルーベリーが旬を迎えました!

つくばでは、6月初旬に早生の品種の収穫ができるようになり・・・
中生、晩生へとバトンタッチし、9月頃までブルーベリーを収穫することができます。

長期間収穫できるとは言え、6月末頃、今まさにおいしい品種の収穫ピークとなり
ます。

ブルーベリーには大きく分けて、ハイブッシュ系とラビットアイ系があり・・・

ハイブッシュ系は比較的早生タイプ、ラビットアイ系は晩生のタイプになります。
ハイブッシュ系のブルーベリーの方が、美味しい品種が揃っていて、ラビットアイ系
のようなタネのざらざら感もありません。

ということで、ハイブッシュ系の収穫ピークを迎える、6月中旬から7月上旬頃の
ブルーベリーはとってもおいしいです!
なので、今がまさにつくばのブルーベリーの旬といえます。

6/30、日本初のブルーベリーマイスター「鈴木太美雄」さんの畑を見に行くと・・・
大きく熟した、一般的な紫のブルーベリーに混じって、ピンクや白のブルーベリーが
生っていました。

ルビーの様なピンクのブルーベリー、そして、白桃のような可愛らしいブルーベリー
に魅了されました。。。

■紫のブルーベリー(2018年6月30日撮影)



■ピンクのブルーベリー(2018年6月30日撮影)



■白のブルーベリー(2018年6月30日撮影)



■紫とピンクを収穫した(2018年6月30日撮影)


  

Posted by よかっぺ at 00:10Comments(0)つくばのブルーベリー

2018年06月02日

ラズベリーは食べごろ、ブルーベリーは後わずか!

5/12のブログで、ブルーベリーが、花から実へと変化し、ブルーベリーらしくなって
きたこと。
そして、5/18のブログで、ラズベリーが、同じく実へと変化し、イチゴのような形に
なってきたことを記載しました。

それぞれの5/27の状況は・・・

ブルーベリーの早生の品種で、たわわに生っている房の中には、紫へと変化したもの
でてきました。
まだ、完全に熟したとは言えないので・・・
美味しいブルーベリーが味わえるのは、後1週間、6月に入ってからになりそうです。。。
※この記事がアップされる頃には、美味しい美味しいブルーベリーがいただけそうです!

そして、ラズベリーですが・・・
こちらは、真っ赤に熟したものが多く、もう食べごろを迎えていました。
実が引き締まっていて、プルっとした食感、とっても甘い美味しいラズベリーでした。。。

■ブルーベリー(2018年5月27日撮影)




■ラズベリー(2018年5月27日撮影)



  

Posted by よかっぺ at 00:10Comments(0)つくばのブルーベリー

2018年05月18日

ラズベリーがイチゴのようになってきた!

5/12のブログで、ブルーベリーが、花から実へと変化しずいぶんと
ブルーベリーらしくなってきたことを記載しました。

ちょうど同じようなタイミングで、ラズベリーも実へと変化し、ラズベリー
らしくなってきました!

名前に、どちらもベリーがついていますが・・・

ラズベリーは、イチゴと一緒でバラ科、ブルーベリーはツツジ科と、
まったくの別物です!

ラズベリーは、バラ科なので・・・  
枝にとげがたくさんあり、密集した枝の中に生っている実をとるのは
痛いし、服がひっかかるし、一苦労です。。。
しかし・・・
そんな訳もあり、いいこともあります!
ブルーベリーとは違って、鳥があまり近寄ってきません。。。

ブルーベリーが食べ頃を迎えるころ、甘酸っぱいラズベリーも食べご
ろを迎えます!

■ラズベリーらしくなってきた(2018年5月13日撮影)



  

Posted by よかっぺ at 00:10Comments(0)つくばのブルーベリー

2018年05月12日

後一ヶ月もしたら、ブルーベリーが味わえそうです!

4/14のブログで、プランターに植えたブルーベリーが、可愛らしい花をたくさん
咲かせたとの記事を掲載しました。

5/5、プランターへ植えたブルーベリーは、花から実へと変化し、ずいぶんと
ブルーベリーらしくなってきました!

ブルーベリーは6月から9月頃にかけて、収穫できるのですが・・・
4ヶ月間、実が生り続けるのでなく、早生の品種は6月上旬、晩生は8月下旬
から9月と、品種によって、収穫時期が異なります。

それでも、花が咲く時期はほぼ一緒、4月中旬頃に可愛らしい花を咲かせます。
しかし、今年は・・・
桜やチューリップ同様、ブルーベリーも例年より1週間程早く花が咲きました。

一般的に美味しいとされる、ハイブッシュ系のブルーベリーは早生のものが多い
ため、後1ヶ月・・・
いや今年はもしかしたら、5月中にも収穫できるかも!?
どちらにしても、あとわずかで美味しいブルーベリーを味わうことができそうです。

鳥対策をしっかりやらなければ、せっかくのブルーベリーが鳥に先を越されてし
まします。。。

■プランターに植えられたブルーベリーでは、実へと成長しています(2018年5月5日撮影)





  

Posted by よかっぺ at 00:10Comments(0)つくばのブルーベリー

2018年04月19日

3月に接ぎ木したブルーベリーのその後!

3/29のブログで、3/18にブルーベリーマイスター「鈴木太美雄」さん接ぎ木する
様子を記載しましたが・・・
およそ一ヶ月後(4/15)、接ぎ木の様子を見に行くと・・・

接ぎ木した場所によって、ずいぶん違っていて・・・

まったく変化が無い接ぎ木、
ちょこんとした芽が出ている接ぎ木、
立派な枝が延びている接ぎ木など様々で・・・

芽が動き出した接ぎ木は、3~4割程でした。

これから、動き出す木もあるようなので、何とか7割程度になればと思います。

また、4/14のブログで、プランターに植えたブルーベリーの花が鈴なりになって
いることを記載しましたが、
接ぎ木した地植えのブルーベリーも畑(鈴木さんの畑)でも、プランターより
1週間程遅れて満開になっていました!

ちなみに、鈴木太美雄さんは、2012年8月4日に放映の
アド街ック天国「つくば編」で取り上げられたほどの方で、ブルーベリーマイスター
日本第一号の、ブルーベリー界の第一人者です。。。

■3/18に接ぎ木したブルーベリー。立派な枝に育った!(2018年4月15日撮影)


■3/18に接ぎ木したブルーベリー。ちょこんと芽がでた!(2018年4月15日撮影)


■地植えのブルーベリーも満開になった(2018年4月15日撮影)


  

Posted by よかっぺ at 00:10Comments(0)つくばのブルーベリー

2018年04月14日

ブルーベリーの可愛らしい花が鈴なりに咲いた!

つくば市は、東京都小平市、山梨県北杜市と並ぶブルーベリー日本三大産地の
ひとつです!

でも・・・
ブルーベリーは日本全国どこでも簡単に育てることができ、目にも良いと言うことで、
全国津々浦々、至る所で育てられるようになり、最近では、珍しい果物ではなくなり
ま した。。。

つくば市のブルーベリー畑は、研究学園の西側に多くありますが、
これは、もともと、つくば市西部にあった芝畑の転作作物として、つくば市が奨励した
結果です。

そして・・・
1999年には、「ブルーベリーシティ」を宣言し、市を挙げてアピールしています!

4/8、プランターに植えられたブルーベリーに、早くも小さく可憐な花が、鈴なりに
咲いていました!
釣鐘型の可愛らしい花を良く見てみると・・・
花の色や、形が品種によって微妙に異なり、純白の花もあれば、ピンクがかった花
も あります。

これから、この小さな花が、おいしいブルーベリーへと変化し、育って行きます。
早生(わせ)の品種だと後2ヶ月足らずで収穫できるようになります。
今からおいしいブルーベリーの収穫が楽しみです!

■プランターに植えられたブルーベリーの花がたくさん咲いた(2018年4月8日撮影)




  

Posted by よかっぺ at 00:10Comments(0)つくばのブルーベリー

2018年03月29日

ブルーベリーマイスター「接ぎ木のポイント!」

2/17のブログで、ブルーベリーマイスター「鈴木太美雄」さんの剪定の様子を見学
させていただいたことを記載しました。
3月は接ぎ木のシーズン!
今度は接ぎ木の様子を、またまた見学させていただきました!

ちなみに、鈴木太美雄さんは、2012年8月4日に放映のアド街ック天国「つくば編」で
取り上げられたほどの方で、ブルーベリーマイスター日本第一号の、
ブルーベリー界の第一人者です。。。

接ぎ木の目的は・・・

樹勢の強いラビットアイ系(特にホームベルが良い)を台木として使用し、大きくて美味
しいハイブッシュ系のブルーベリーを接ぎ木することで、美味しいブルーベリーがたくさん
なるというものです。

接ぎ木には、切り接ぎや割り接ぎ等いろいろあるようですが、
今回は、簡単な割り接ぎを教えてもらいました。
割り接ぎは台木の中心を割って、穂木を差し込むだけ。初心者でも簡単にできそうです!

まず・・・
 ①台木となる良い枝を5~6本選び、地面から10cm程の高さで切り揃えます。
 
 ②台木の中心をナイフで、1cm程切り裂きます。

 ③接ぎ木する穂木を、両サイドから鋭角に削ります。穂木には葉芽が2つほど付いた
  状態で、長さは5cm程で良いそうです。

 ④穂木を台木へ差し込みます。この時、台木と穂木の形成層(表皮の内側)
  どうしを合わせることがポイントとのことでした。

 ⑤接ぎ木テープを巻き付け、固定します。

 ⑥穂木のてっぺんの切り口から水分が蒸発するのを守るため、
   癒合剤(カルスメイト)を塗ります。

うまくすれば70%ほどの確率で成功するようです。
葉芽から勢い良く枝が延びると成功です!

■台木を切る(2018年3月18日撮影)


■台木を半分に切り裂く(2018年3月18日撮影)


■穂木を鋭角に削る(2018年3月18日撮影)



■台木へ穂木を差し込む(2018年3月18日撮影)



■接ぎ木テープで固定する(2018年3月18日撮影)


■固定完了。後はてっぺんにカルスメイトを塗ったら終わり(2018年3月18日撮影)




  

Posted by よかっぺ at 00:10Comments(0)つくばのブルーベリー

2018年02月17日

ブルーベリーマイスター「剪定のポイント!」

2/14のブログで、ブルーベリーの花芽が膨らんできたことを記載しました。

1つの花芽から10個ほどの可愛い花が咲き、やがてブルーベリーへと育って
いくのですが・・・
あまり実が付き過ぎると、養分が分散し、甘く大きなブルーベリーにはなりま
せん。
そこで、冬に欠かせないのが、剪定ですが・・・

ブルーベリーマイスター「鈴木太美雄」さんが剪定するとあって、横で見させて
いただくことにしました!
ちなみに、鈴木太美雄さんは、2012年8月4日アド街ック天国「つくば編」に取
り上げられたほどの方で、ブルーベリー界の第一人者です。。。

まず・・・
 ①地際から出ている枝のうち、主軸枝にするため勢いの強い枝4〜5本を選び、
   後は地際から剪定します。

 ②主軸枝が中心で重なるようならば、
   全体に太陽の光が当たるよう、主軸枝を外側へ誘引します。

 ②日当たり、風通しを考えて、重なっている枝、内側に向かって生えたいる枝、
   勢いが弱い枝、枝が混み合っているところ等を剪定します。

最後に・・・
 ③残した枝のうち、花芽(蕾)がたくさんついている枝は蕾が5個程度になるよう、
   枝を切り詰めるか、花芽をそぎ落とします。

大きく甘いブルーベリーにするには、心を鬼にして、枝を切り、花芽を取るることが
大事とのことでした。

これで4月に可憐な花が咲き、6月においしいブルーベリーがたわわに実ることと
思います!

■ひこばえがたくさん生えている。どの枝を残すかまず考える(2018年2月11日撮影)


■主軸枝を4~5本残し、後は切り取る(2018年2月11日撮影)


■どの枝にも光が行き届くよう、主軸枝を誘引する(2018年2月11日撮影)


■枝を間引き、余分な花芽をそぎ落とす(2018年2月11日撮影)


  

Posted by よかっぺ at 00:10Comments(0)つくばのブルーベリー

2018年02月14日

「つくばのブルーベリー」花芽が膨らんできた!

ブルーベリーの花芽が大きく膨らんできました!
後2ヶ月程で、この1つの花芽からスズランのような可憐な花が10個ほど咲き、
やがてブルーベリーへと育っていきます。

まだまだ寒い日が続いていますが・・・
着々と春の準備が進められているようです。

ちなみに、つくば市は、東京都小平市、山梨県北杜市と並ぶブルーベリー日本
三大産地の ひとつです!

でも・・・
ブルーベリーは日本のどこでも簡単に育てることができ、目にも良いと言うこと
で、今では 全国津々浦々、至る所で育てられるようになり、珍しい果物では
なくなりま した。。。

つくば市のブルーベリー畑は、研究学園の西側に多くありますが、
これは、もともと、つくば市西部にあった芝畑の転作作物として、つくば市が奨
励した結果です。

研究学園から車を5分も走らせると、田んぼ以外にも、芝畑やブルーベリー園、
キャベツ畑等々・・・
豊かな自然がたくさんあり、これも研究学園の魅力です!

■ブルーベリーの花芽(2018年2月11日撮影)




  

Posted by よかっぺ at 00:10Comments(0)つくばのブルーベリー

2017年08月25日

ブルーベリーの糖度は??小さな粒に甘さが凝縮されています。

ブルーベリーの収穫は6月から始まり、そろそろ終盤を向かえています。

ブルーベリーマイスター「鈴木太美雄」さんの畑では、ハイブッシュ系統の収穫が
8/19に終わったとのことで、最後のブルーベリーを味わわせていただくため、
8/20にお宅へ寄せてもらうことにしました。
ちなみに、ラビットアイ系のブルーベリーは今が収穫最盛期で、暫く楽しめます。。。

このブルーベリーは小粒でしたが、とても甘くて美味しいブルーベリーでした。
ちょうど鈴木さんのお宅に、梨(幸水)と熟れたバナナがあったので、糖度計で比較
してみることに・・・

<糖度の比較>

 ・梨        ・・・ みずみずしくとても美味しい梨でしたが、芯に近い部分だった
ためか10度でした。
 ・バナナ     ・・・ これまた甘~くて美味しいバナナで、何と22度もありました。
 ・ブルーベリー ・・・ なかなかなもの、甘さが凝縮され16度もありました。

ブルーベリーは、ケーキに載っていることが多く、甘さ、おいしさを余り感じないことが
多いのですが、生果で食べると、甘~くて、本当においしい果物です!

6~7月の最盛期に採れるハイブッシュ系統のブルーベリーは大粒で本当においしい
のですが・・・
より甘くて大きいブルーベリーにするには、肥料も大切ですが、きちんと剪定し、枝に
あまり実を付けさせないこと、
そして、日光が良くあたるようにすることが大切だということです!

■ブルーベリー(ハイブッシュ系統)(2017年8月20日撮影)


■梨(幸水)(2017年8月20日撮影)


■バナナ(2017年8月20日撮影)


■糖度計(2017年8月20日撮影)


■糖度計の先端にブルーベリーを載せる(2017年8月20日撮影)


■ブルーベリーマイスターの「鈴木太美雄」さんが糖度を見る(2017年8月20日撮影)





  

Posted by よかっぺ at 00:10Comments(0)つくばのブルーベリー